できた写真を見たときのどきどきした気持ちは今でも変わりません。本物のヘアメイク道具を手にしてからヘアメイクアーティストとしての人生がスタートします。

一番やりがいを感じるのは、クライアント、製作スタッフ、モデル、タレントさん達がプロとしての目でうなずいた瞬間に出会うときです。