今気になっていること

◆新電力

1995年の電気事業法改正により、発電部門は原則として参入が自由になりましたが。

一方、小売部門については段階的に自由化が行われ、まず大型工場などの「特別高圧」分野、続いて中小規模工場などの「高圧」分野が自由化されました。そして私たちの身近な家庭向き「低圧」分野も2016年4月に自由化されたことで、「全面自由化」が実現しました。

知人が新電力のビジネスに絡んでいたおかげで私たちも得をすることがわかりました。2017年6月時点では新電力に切り替えた「「スイッチング率は」665万件に達し約10.6%で、「新電力」事業者へのスイッチングが約377万件(約6.0%)、これまでの電力会社を利用し続けるが料金プランは規制料金から自由料金にスイッチしたという件数が約280万件(約4.6%)となっています。

問題は、新電力事業者の選び方です。事業者によって条件が違います。後で後悔しないためにはよく調べてからにしましょう。

①電気料金の割引率(どの位安くなるか)

②契約条件(解約時に違約金の支払いなど)

③契約手続きの簡単さ

①②はでったい条件ですね、ちなみに我が家へオール電化の為スイッチング出来ないので会社のみ契約しました。動力「高圧」は使ってない為約5%削減です。動力を使用している店舗などは削減率は30%くらいになります。(事業所によって違う)

       

カメラマンとお仕事

CM撮影・ドラマ制作・イベント・ポートレートなどの「ヘアメイ」

ヘアメイクは芸能人などのイメージを印象付けるために重要な要素ですが、ギャラが発生するヘアメイクアーティストは、偏った技術・デザインでは仕事のなりません。

モデルやタレントの売れる売れないにも大きく影響しているのがイメージです。わが社の指導テーマは「インプレッションメイク」印象をつくるです。

※タレントも自己主張が必要な仕事ですからキャラが重要です。キャラ創りでアーティストと感性を合わせることが重要になってきます。